「オフタイム」コーナーに掲載(広島経済レポート)

広島経済レポート(2015年8月20日号)の「オフタイム」というコーナーで紹介して頂きました。

 

このコーナーは、「社長が休日をどのように過ごしているのか」を記事にするものだそうです。

 

広島経済レポート・20150820

 

※以下、本文再掲↓

 

仕事のヒントを常に考える

 

インターネットからの集客サポート・ホームページ制作で、1月に法人化。

 

検索エンジンやフェイスブック、ツイッターなどを使ったウェブマーケティング支援に力を入れています。

 

仕事柄、休日でもどうすれば人の心を動かすことができるかということを常に考えています。

 

例えば、映画。

 

感動する映画の多くには、共通するシナリオの法則があります。SFの「スターウォーズ」や、アドベンチャーの「ロードオブザリング」などが好例で、ヒットする映画には共通のストーリー展開があります。

 

これらの法則をホームページの文章に応用することで、反響を大きくすることができます。

 

映画だけでなく、小説やドラマもこのようなシナリオを学ぶ絶好の教材。

 

マーケティングを本から学ぶのは当然ですが、自分の心が動かされた瞬間から学ぶ方が「生きた学び」になります。

 

街を歩いているときも、興味を引くチラシがあればすぐに撮影。

 

本の売り上げランキングなどをチェックすれば、その時の大衆心理が読み取れます。

 

また、自分や友人が買った物なども「どうして購入に至ったのか」を必ず考えるようにしています。

 

広島には、いい商品を作っている企業がたくさんあります。

 

ですが、いいものを作れば売れると考え、マーケティングが不十分な企業も少なくない。

 

そうした企業をぜひ応援したいと考えています。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket